1億円の運用先は?安全な資産運用成功例3選

資産形成

2018-7-19

1億円もの大金を手に入れたとしても、運用の方法を誤ると資産が減少傾向を辿ります。

「資産が激減している状況に気付かず、膨大な借金を抱えていた」という方は少なくありません。

 

そこで今回は、1億円を安全に運用する方法について調査した結果をまとめました。

リスクを抑えて着実に利益をアップさせるコツが見つかるはずです。

1、富裕層の場合には

 

富裕層が1億円を運用する場合、金融機関が提供しているプライベート・バンキングサービスが有用です。

外部の専門業者に依頼することによって、時間を掛けずに手間なく資産形成を図れます。資産管理会社と金融機関を併用すると、金融のプロフェッショナルから運用方法のノウハウを教えてもらえます。

 

今まで知らなかった情報を入手して安全に資産管理を行いましょう。

効果的な節税対策を習得し、資産を効率良く増やすチャンスを模索できます。

但し、担当者とフィーリングが合わなければ、最適な運用方法を見つけにくいです。

自身の要望を気軽に伝えられる担当者を探しましょう。

 

また、数多の資産家を顧客として抱えているメガバンクや大手証券会社では、好待遇を受けられない可能性があります。

中規模の銀行など多種多様な金融機関のサービスを比較した上で、利用する機関を決めましょう。

2、ソーシャルレンディングで手堅く資産を増やす

 

金融商品への分散投資は、リスクが少ない資産運用方法の一つです。

インターネット上で投資を仲介しているソーシャルレンディングは、他の金融商品との併用にピッタリです。

 

1年間当たりの利回りが高めに設定されている上に、経済情勢や株式市場の影響を受けにくいです。

投資家は企業にお金を貸し、返済された金利分を収益として受け取れます。

SBIグループや伊藤忠商事など多くの優良企業が参入し、実績があるファンドを投資対象に選定しています。

損失が少ない運用方法としてソーシャルレンディングを高く評価している投資家は少なくありません。

 

しかし、運営企業を吟味してから投資を開始しなければ、安定的に収益を受け取ることが難しいです。

例えば、オーナーズブックを投資運用方法に利用した時には、不動産を担保として取得した上で企業にお金を貸します。

資金が投資家の手元に戻ってこない事態が訪れた折には、担保の不動産を売却して損失を穴埋めすることが可能です。

投資家のリスクを回避するシステムが多くの投資家に支持されています。

 

登録料と手数料を無料化している点も大きな魅力の一つとなっています。

利用する企業を選定する際には、先ず株主の構成をチェックしましょう。

外部企業が資本金を提供している場合、第三者機関によって事業体制を厳密にチェックしているケースが一般的です。

 

不正防止の対策を徹底しているタイプが多いです。

不正の発覚によって業務が停止すると、投資家の資金が危険に晒されます。
次に、経営の中枢を担う人物の経歴を確認します。

同じ失敗を何度も繰り返している代表取締役は少なくありません。

首脳陣のメンバーの中に過去に問題を起こした人物が在籍している企業は避けましょう。

 

さらに、運営状況などを審査をしっかりと行った上で、投資対象の企業を案内しているか否かも把握する必要があります。

その他、融資先の企業が倒産した時の保証内容も調べ、投資資金を確保することも重要です。

3、株式投資で収入を得る

 

株式投資は、企業が発行する株券を売買し、利益を得る方法です。

「リスクが大きく、怖い」というイメージを抱いている方が少なくありませんが、正しい知識を習得していれば運用に苦心しません。

投資初心者でもチャレンジしやすいです。

株主は企業に対して資金を提供します。

 

企業は事業が成功して収益が上がると、配当金を株主に支払います。

一般的に、1年間に配当金が支払われる回数は1回もしくは2回です。

配当金の平均金額は、提供した資金の2パーセント程度です。

投資する金額が増えると還元される金額が増大する仕組みになっています。

 

例えば、1年間に100万円を某企業に投資した時、約2万円を受け取れます。

配当を行っている企業の中でも、銀行の配当利回りは高水準です。

銀行の倒産は極めて稀なため、株券が紙くずに化す可能性は殆どありません。

1億円もの大金も銀行に投資すれば、安定的に運用できます。

 

株券を所有する期間が長くなると、配当金が高額になる可能性を期待できます。目の前の状況にとらわれて株券を売買していると収益が小さくなりやすいので要注意です。

尚、価格の変動は常に起きており、取引にはリスクが伴うことを理解しておきましょう。長期的な視点で物事を考えられる方、経済的な余裕がある方に株式投資はピッタリです。

 

潤沢な資金がない状況下で取引をスタートすると取り返しの付かない事態へと陥りかねません。

生活費を投資資金へ流用する行為は控えましょう。

退職金が1億円あるからといって全額を投資につぎ込むことも非常に危険です。「損失を出してはならない」という強烈なプレッシャーが生じている中では、冷静沈着に物事を考えられません。

心にゆとりを持った状態で取引を行うことが、株式投資の効率をアップさせるコツです。
投資に取り組む際には、売買のタイミングを明確化させることも重要です。

 

購入時よりも取引価格が約20パーセント高くなった時点で一度売却しましょう。

いつまでも値上がりが続くとは限らないので、きりが良いところで利益を確定します。

欲をかいて所有し続けていると、急落して損失が発生しかねません。

 

値下がりが起きた折には、購入時よりも約10パーセント安くなった時に売却を決意しましょう。

因みに、値下がりを過剰に意識していると収益が上がりにくく、資産形成が難航します。
保有している株式の取引価格は、経済情勢によって変動する傾向があり、1980年代後期~1990年代初期のバブル期に高騰していました。

 

民主党政権の後、アベノミクスが行われた時にも、急激な値上がりが起きています。

2020年の東京オリンピック開催時にも価格が跳ね上がる可能性が高いです。

経済情勢だけでなく自然災害が変動の因子になりやすいので、報道番組や経済新聞をチェックしましょう。

しっかりと情報を収集して買い時・売り時を見極めることが大切です。

4、株主優待でリッチな生活

 

株式を発行している企業のうち、約1000社が株主優待制度を導入しています。株主優待制度では、所有している株券の枚数に応じて企業の商品を提供しています。

 

配当金は勿論のこと、優待内容を楽しみにしている投資家は少なくありません。収益を安定させているANAホールディングスの株主優待は非常に豪華です。

 

旅行やゴルフの料金を抑えて、貯蓄に回せます。

株主優待の利用によって、非日常的な空間での贅沢な一時もリーズナブルな価格帯で楽しむチャンスが増大します。

5、資産運用の方法は多種多様

 

資産形成は、多種多様な方法で行えます。

但し、短期間で資産が急激に増える場合は大きなリスクが伴います。

1つの物事にとらわれていると利益を増やすチャンスを逃してしまうので要注意です。

 

自分自身のライフスタイルや考え方にマッチする方法を模索しましょう。

安直に投資をスタートさせてしまうと、資産が増えるどころか大きな損失を被ってしまいます。

運用資金が1億円ある場合でも、無計画な取引によって即座に無くなります。資産運用会社や金融機関で金融商品のプロフェッショナルに相談し、安心安全に運用することが大切です。

 

また、第三者に資産運用を全て任せることは危険です。

資産を所有している自分自身も学習し、運用・管理のノウハウを習得しましょう。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧