• ホーム
  • 資産形成
  • 貯蓄3000万円を資産運用へ!今すぐ始められる年利10%の運用方法は?

貯蓄3000万円を資産運用へ!今すぐ始められる年利10%の運用方法は?

資産形成

2018-11-30

貯蓄を3000万円ほど持っている時、どのような資産運用をすればいいのでしょうか。

日本人は資産運用を敬遠しがちで、多額を貯蓄している傾向があります。

しかし、貯蓄をしているだけでは、増やせるかもしれない資産がそのままになっている状態です。

資産運用はリスクもありますが、しっかりと計画を立てて運用していけば、増やしていくことができるかもしれません。

そこで、貯蓄が3000万円の時におすすめの資産運用方法をご紹介します。

また、資産運用をする時には、効率よく増やしていき、運用できるといいですよね。これから、今すぐ始められる年利10%の資産運用として「ヘッジファンド」をご紹介しますので、参考にしてみてください。

1、日本人は貯蓄が好き!?資産運用が敬遠される理由

日本人は資産運用を敬遠し、貯蓄や保険を好む傾向があります。

例えば、日本銀行調査統計局から発表されている資金循環の日・米・欧の比較したものでは、現金や預金の比率が日本は約50%、アメリカは約14%、欧州では約35%です。

 

一方で、投資信託や証券・株式などの運用資産を持っている割合は、日本が約15%、アメリカが約51%、欧州が約30%になります。

つまり、日本は資産運用をしている人が少なく、持っている資産を現金もしくは預金にしている場合が多いのです。これは、日本人の思想や文化・性格などが影響していると言われています。

2、資産運用でどのぐらい増やせるのか?運用のポイントとは?

資産運用をすることで、資産を増やせる可能性があります。しかし、リスクを伴うこともあるので、ポートフォリオなどで計画を立ててから運用を開始するといいでしょう。

運用を始めてからは、そのままにしておくのではなく、定期的に確認していくことも大切です。

日本の銀行などにお金を預けた場合、普通預金の金利は約0.001%、定期預金では約0.01%になります。これは、3000万円貯金をしていたとしても、普通預金では1年で約300円、定期預金では約3000円にしかなりません。

 

預金にしていることで、元本保証などの安心感はありますが、効率のいい運用方法とは言えないでしょう。

もし、年利が3%の運用だったとしても、1年間に約90万円を増やすことができます。

よって、年利が高い運用方法を行えば、資産を増やせるのです。

しかし、年利が高いものは、リスクも高い傾向があります。資産運用の開始前に目標額や方針などを決めて、それに合った運用方法を見つけることが大切です。

資産運用をする時には、単利と複利の違いを意識するといいでしょう。単利とは、最初の元本にだけ金利がつく仕組みです。複利は、元本と増えた金利を足したものに、さらに金利がつきます。

つまり、複利にすると金利分も元本に組みこまれ、そこに金利がつくでしょう。単利の時よりも増えていくので、長期間の運用で大きな差ができます。よって、資産運用をする時には複利のものを選択すると有利です。

資産運用を始める時には、ポートフォリオの作成が必要になります。

ポートフォリオとは、運用内容や方法・金額・今後の予測などを表にしたもので、利益だけでなくリスクを予測できるものです。

ポートフォリオは、自分で表計算などを用いて作成しても構いません。もし、不安な時は資産運用の専門家やアドバイザーに相談してもいいでしょう。

一度作成して終わりではなく、定期的に見直して修正していくことも必要です。

リスクを減らすためには、分散投資や長期投資をしていきます。分散投資とは、購入する商品の種類や時期を分ける方法です。1つの商品で失敗をしたとしても、他の値上がったもので補うことができます。

また、資産運用は長期的にみて、金額が下がったとしても様子を見ることも必要です。

3、年利10%で効率よく増やすには、ヘッジファンドがいい!

3000万円ある時に、効率よく増やしていくには、ヘッジファンドがおすすめです。

高額の資産をヘッジファンドと呼ばれるところに預ける方法で、投資のプロによって運用をしていきます。

通常は1000万円以上の高額を投資することが条件です。高額という条件ですが、絶対的利益を追求しながら運用しているので、高い確率で成功するでしょう。

 

年利は約8%~15%が期待でき、場合によっては20%前後になることもあります。

ヘッジファンドでは、成功型報酬になっているので、損をしている時には報酬が必要ありません。

期待していた額より上回った時に、約20%の成功報酬を支払います。つまり、リターンがあった時のみ成功報酬を支払うので、投資家が高額を失うことはないでしょう。

ヘッジファンドは成功報酬を運営資金にしているので、高い利益が出せるように運用しています。

4、ヘッジファンドのメリットと注意点

 

(1)ヘッジファンドのメリット

ヘッジファンドのメリットは、絶対的利益を追求する戦略方法なので、高確率で成功して高いリターンが期待できることです。ファンドマネージャーに任せるので、利益を出しやすいタイミングで取引してくれます。

ファンドマネージャーの専門的な経験や知識を活用できるのもメリットです。

ヘッジファンドは「買い」だけでなく「売り」などもしているので、相場の下落などがあっても利益を獲得しやすくなっています。また、債券や株式だけでなく、先物取引などの商品にも投資をしているので、分散投資によるリスクの軽減も可能です。

(1)注意点

ヘッジファンドの注意点は、私募形式や日本での取り扱いが少ないことから、始める時の敷居が高いことでしょう。換金性や流動性が低いことはデメリットになります。ヘッジファンドでは長期的な契約をして、運用を任せることが一般的です。

 

よって、解約への制限によって、自由に換金できない場合もあります。

解約をする時には、一般的に1ヶ月以上前からの申告が必要で、場合によっては違約金が発生するので注意しましょう。

さらに、マネージャーリスクを伴います。ヘッジファンドマネージャーは、経験や知識が豊富な人が多く、ヘッドハンティングなどで集まった優秀な人が多いです。

しかし、ヘッジファンドマネージャーによって投資する商品や売買するタイミングが異なるので、場合によっては失敗をしてしまうこともあります。

5、ヘッジファンドの始め方

ヘッジファンドは、私募形式のファンドであることが特徴です。

投資信託の場合は、公募形式になるため、証券会社や銀行などの金融機関で好きな商品を購入することができます。

しかし、私募形式では紹介もしくは直接説明に行く方法が一般的です。

まずは、既存顧客からの紹介がいいでしょう。ヘッジファンドは高額を運用していくので、取引できるかの面談や審査をする場合があります。

資産家からの紹介なら、投資家とヘッジファンドのお互いが、安心して取引することができるでしょう。場合によっては、ヘッジファンド側から声がかかることもあります。

 

ヘッジファンドのホームページから資料請求や問い合わせをするのも、一つの手段です。説明会や相談会に行き、直接話を聞くことで開始できる可能性があります。

ヘッジファンドは私募形式になっているので、契約は直接結ぶことが必要です。ヘッジファンドをしている会社として「Iron Oxe Associates LLC」があります。企業へ株式還元や増配などをして投資するファンドです。2018年のデータでは、運用リターンが約21%で、高利益の結果を残しています。

 

 

6、年利10%の資産運用を活用して、効率よく増やそう!

貯蓄が3000万円ある時には、年利10%の資産運用を活用することで、効率よく増やせる可能性があります。

特にヘッジファンドなら、専門家が絶対的利益を追求しながら運用するので、高いリターンが期待できるでしょう。

そのためには、自分の資産運用に対する方針を決めてから、信頼できるファンドを見つけることが大切です。

ヘッジファンドなどの運用方法の特徴やメリット・注意点を把握することも重要でしょう。これを参考に、効率のいい資産運用をしてみてください。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧