5000万円の資産運用!様々なファンドを検証!実績の比較

資産形成

2018-11-29

資産を増やすには、個人で運用する他に、ファンドに依頼する手段があります。

ファンドとは、投資家から集めた資金をもとに、効率的に投資活動をして利益を得る組織のことです。

しかしファンドは、いろいろな種類があったり、情報が少なかったりするので、初めて利用するときには不安に感じることがあります。

 

例えば5000万円の資産を運用するとした場合、どのようなファンドに預けるべきか、判断に迷うかもしれません。

記事では、「公募ファンドと私募ファンドの違い」「ヘッジファンドを富裕層が利用する理由」「国内ヘッジファンドの比較」などについて詳しく解説します。ヘッジファンドについて基礎的な情報を身につけることができるでしょう。

1、富裕層はファンドを利用する

 

世の中の富裕層は、保有する資産の一部を、ファンドに預ける傾向があります。

ファンドとは、公募または私募によって資金を調達し、それを元手に資産運用を行うことで、利益を還元する組織のことです。公募ファンドには投資信託、私募ファンドにはヘッジファンドなどが含まれます

ファンドに資産を預けるということは、その運用を任せるということです。なぜ富裕層は、自分で個人的に投資をせず、ファンドに一任するのでしょうか。その理由は、個人の投資スタイルとファンドの投資スタイルの違いにあります。

2、個人投資家とファンドの違い

普通の個人投資家は、売買する株式銘柄について自分なりに調べてから、投資するスタイルが一般的です。

その投資スタイルには、一貫した戦略などが欠けている場合があります。

結果として乱高下する相場の波にさらされ、利益が安定しません。

その一方で、個人で投資をすると、時として大きなもうけを手に入れることができます。

これが最大のメリットです。

しかし、ひとたび大きな値崩れがあると、その被害を避けることは難しいものです。過去には、リーマンショックなどによって大きな損を出した個人投資家が、多くいました。

一般投資家にとって、相場の動きを読むことは、ほとんど不可能です。

対して投資のプロであるファンドは、それぞれに得意とする専門分野があります。

ファンドが持つ得意分野にのみ投資をするので、失敗する確率が少ないのが特徴です。

逆に言えば、専門外の分野へは投資をしません。リスクが高いことを理解しているからです。

ファンドの投資スタイルには、大きなメリットがあります。

それは、長期的かつ安定して利益を得ることができることです。一般的な株式投資は「ハイリスク・ハイリターン」が常識と思われていますが、ファンドの投資スタイルは「ローリスク・ハイリターン」だという人もいます。

ではなぜ、みんながファンドのような投資スタイルにしないのでしょうか。

それは、ファンドが採用している投資戦術が、大金を運用することを大前提としている手法だからです。資金力が劣る個人では、同様の戦術をとることはできません。

3、ヘッジファンドの資産運用

 

富裕層から高額な資産を預かるヘッジファンド。

そのヘッジファンドは、どのように資産を運用しているのでしょうか。

例えば、バリュー投資やアクティビスト投資に特化しているヘッジファンドの場合、まずは上場企業の有価証券報告書を詳細に分析します。膨大な情報量となりますが、コンピュータープログラム等を駆使して、効率的に精査するのです。

その中で割安な株を発見した場合、長期保有を想定して大量に買います。大量の株式を保有することで、いわゆる「物言う株主」となり、会社の経営にも関わるのです。

そうして、株価の価値を上げることで、利益を生みます。

 

またこの運用を実施中に、他の要因によって方針を変更することは、基本的にありえません。

バリュー投資やアクティビスト投資に特化したヘッジファンドは、為替やマクロ経済による外的要因が加わったとしても、よほどのことがない限り無視します。

4、ヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドの最大の特徴は「ローリスク・ローリターン」にあります。なぜヘッジファンドだけが、理想的な資産運用をできるのでしょうか。秘密は「成果報酬」と「運用者出資」にあります。

成果報酬とは、ヘッジファンドが得る利益のスタイルです。運用利益が出れば、あらかじめ決められたパーセンテージをもとに計算して、報酬金額が決まります。逆に運用利益が出ない場合、ヘッジファンドは利益が得られません。

 

例えばヘッジファンドに5000万円を預けたとします。

運用利益が20パーセントだとしたら、利益は1000万円。ヘッジファンドの取り分を仮に40パーセントとした場合、1000万円×40パーセント=400万円が、ヘッジファンドの取り分です。

もし運用利益が0パーセントを下回りマイナスになった場合、ヘッジファンドの取り分は0円です。

 

対して投資信託に5000万円を預けた場合は、どうなるでしょうか。

投資信託はヘッジファンドとは異なり、手数料ビジネスです。成果報酬はありません。運用利益があってもなくても、投資信託の取り分は決まっています。

 

投資信託の手数料が3パーセントと仮定した場合、預けた5000万円×3パーセント=150万円が、投資信託の取り分です。運用利益が出ても、マイナスになって元本割れしたとしても、投資信託へ支払う手数料は変わりません。

成果報酬がもたらすメリットは、実際に運用する人のモチベーションを高く維持することです。あらゆる手段を駆使して利益を求めます。

 

運用者出資とは、ファンドマネージャーが自分の資産を、出資者と同じように投資することです。

運用者出資によって、投資家とファンドマネージャーは、同じ立場になります。

いわゆる、一蓮托生のパートナーとなるのです。

ファンドマネージャーにとって運用者出資は、リターンが出れば大きな利益を得られる半面、損失を出すと自らも破産しかねないリスクを負います。

一方の投資信託は違います。自社の金融商品に投資しているスタッフの割合は、ヘッジファンドに比べると、極端に低いのが実情です。

運用者出資がもたらすメリットは、ファンドマネージャーが親身になってリスクヘッジに注力する点にあります。失敗するとマネージャー自身も損をするため、一か八かのギャンブルはしません。

このように「成果報酬」と「運用者出資」という考えが根底にあるヘッジファンドは、ローリスク・ハイリターンが実現します。

ヘッジファンドと投資信託は、どちらもお金を預けて資産運用をしてもらう「ファンド」ですが、内容は異なるのです。

5、さまざまなファンドの比較

 

ファンドにはさまざまな種類があります。さまざまな視点から比較して、それぞれの特徴や違いを確認しましょう。

まずは公募ファンドと私募ファンドから比較します。

公募ファンドは、基本的に誰でも買うことができる金融商品です。証券会社や銀行で買うことができます。対する私募ファンドは、いわゆるヘッジファンドのことです。富裕層や機関投資家向けの金融商品だといわれています。購入するには、一般的に1億円以上の資金が必要です。

次に比較するのは海外ヘッジファンドと国内ヘッジファンドです。大きな違いは、投資できる最低金額にあります。海外ヘッジファンドでは、1億円以上の資産が必要となるのが一般的です。対して国内ヘッジファンドでは、1000万円から購入できる商品もあります。

最後に国内ヘッジファンドから3社をピックアップして比較します。

「IronOxe Associates LLC」は、2018年2月に設立された国内ヘッジファンド。いわゆる独立系と呼ばれるファンドであり、主な投資対象は国内株式です。2018年10月26日現在の利回りは、21.41%(2018年)をマークしています。

「BMCAPITAL」は、東京大学や京都大学などの国内トップカレッジ出身者を中心にファンドマネージャーを構成しているヘッジファンド。投資対象は国内株式が主です。1000万円程度から投資できます。また設立以来、継続して10パーセント以上の利回りを実現しているのが特徴です。

「日興レジェンド・イーグル・ファンド」は、グローバルな視点で割安株を集めてポートフォリオを作成するヘッジファンドです。投資対象は国内に限らず、世界基準で選びます。

6、Iron Oxe Associates LLCとは

公式URL Iron Oxe

Iron Oxe Associates LLCは、高い利回り実績のある国内ヘッジファンドです。

特徴は、企業リサーチを徹底するという運営方針にあると言えます。

まず、投資対象として選んだ企業などについて「現在の株価が適正かどうか」「リスクはどの程度あるか」「手がけている事業の優位性や将来性はあるか」「保有している資産はどの程度か」などを調査します。

その上で、投資先企業が持つ適正な価値を算出し、投資を決定するのです。その結果として、高い利回り実績が伴っています。

Iron Oxe Associates LLCに興味がある人は、公式URL(https://iron-oxe.com/)からコンタクトをとることが可能です。

 

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧