資産運用に成功して幸せな人生を送るための成功法ポイント7つ

資産形成

2018-11-28

資産運用だけで生活できることを望んでいる人は多いでしょう。

しかし、資産運用に成功するためには、いくつか乗り越えなければならないポイントがあります。

それらの壁を乗り越えないと成功できないでしょう。

 

そのような資産運用で必要になる成功するポイントは7つあります。

それらは日常的にできることから、心がけなければできないものまであるのです。

これらのポイントを常に頭に置いておくことで、効果が出ます。ただし、忘れてしまうこともあるでしょう。忘れてしまったときのために、取引前に思い出せるようにしておくことが大事です。

取引前に思い出せれば、成功のポイントを頭に置いて取引することができるでしょう。

ここではそんな資産運用で成功するために必要な7つのポイントを解説していきます。

1、短期的な取引に一喜一憂しない

 

資産運用の成功法としては、長期的に考えることがポイントです。資産運用はマラソンのようなものです。

スタートダッシュで1位になっても、マラソンはゴールするときに好成績でなければ意味がありません。

資産運用も同じです。短期取引で利益が出ても、年間で利益を上げていなければ、損失になります。

 

もう少し長い目で見ると、10年で利益が出ていればいいのです。

1年間で損失を出したとしても、10年後に増えていればいいという見方ができます。

年間で利益を出すのが目標ですが、利益を出せない年もあるでしょう。

そうなっても、気にしないで次の年に取り戻そうという気持ちを持つことが大事です。

また、資産運用は長丁場だと考えることが大切なことです。まだまだ取戻すことができると考えましょう。

結局は最後に儲けが出ればいいのです。短期的な損や利益はそこまで重要ではありません。他に一喜一憂しないことがポイントになる理由として、短期的な取引で気分が浮き沈みしてしまうと、生活にも支障が出てしまうということがあります。

 

資産運用は生活を支える手段です。利益が出れば嬉しいし、損をすれば悲しいでしょう。しかし、それは最終的な結果を見て判断することです。

途中経過である短期取引で一喜一憂していては、気持ちが落ち着きません。そのようなことが起きるのであれば、短期取引は気にしないと決めた方がいいかもしれません。そうすれば落ち着いた生活ができます。

2、冷静な対応をする

 

資産運用で成功するためには、冷静な対応が重要なポイントです。

冷静さを失った状態で取引をしても、いい結果にはならないでしょう。特に損をしているときにこそ、焦らないことが大切です。

損をしているからといって、持ち直さないとは限りません。持ち直せば損を取り戻すかもしれないのです。

一方で、損がそのまま拡大する可能性もあります。そうならないように、損切りをすることも大事になります。

 

どちらを選択するかで大きな分岐点になるでしょう。その時に焦って選択すると、後で後悔します。状況を分析して自分の投資スタイルを考えたときに、どちらがいいかを選択しましょう。

 

その選択をするときには、一旦気持ちを落ち着けるために休憩を取ってもいいかもしれません。

コーヒーを飲んで気持ちを落ち着けてから判断すると、冷静に状況が見えるでしょう。

また、利益が出ている時も同じです。利益確定をした方が気持ちは楽になります。しかし、もっと利益が出るかもしれません。そうなったときに、確定売りをしていると後悔することになるのです。

他にも舞い上がってしまい、高値で売り抜けられないこともあります。そんなことが起きる可能性を考慮して、冷静に対応をすることが大事です。

3、バランスのいいポートフォリオを作ること

 

資産運用ではポートフォリオを組むことが多いです。資産運用を1つの株式だけに投資をしているという人は、ほとんどいないでしょう。

そんなポートフォリオでは、バランスが重要です。

資産運用で成功するためには、バランスのいいポートフォリオを作ることがポイントです。

安全な投資先を組み入れることが、ポートフォリオのバランスには大事になります。

資産運用では増やすことと同じくらい減らさないことが大切です。そのためには、安全な投資先で少しずつ増やすことが必要になるでしょう。

リスクを背負って投資をした先で資産が減ったとしても、安全な投資先でその分をカバーできる可能性があるからです。

そうなることを想定するなら、安全な投資先だけに投資すればいいと考える人は多いです。

 

しかし、安全な投資先はそれほど利益を出せません。それでは資産運用で成功することには、つながらないのです。

資産運用で成功するためには、多少のリスクを背負っても、大きな利益を取ることが大事になります。

また、バランスよくというのがポイントです。

安全な投資先が多ければ大きな利益にならないですし、少なければリスクが大きくなるでしょう。そのバランスを見極めて、ポートフォリオを作ることが重要になるのです。

4、情報は精査してから利用する

 

資産運用をするときには、色々な情報が入ってきます。

そんな情報を全て信じて利用していては、損をすることが多くなるでしょう。

情報を利用するときには、精査することが成功するポイントです。情報を精査すると使える情報と、使えない情報が出てきます。

 

使えない情報はそのままにしておいて、使える情報をさらに精査します。

そのように精査してみると、投資情報として使えるのは10%にも満たないでしょう。また、情報を精査しないと、見るべき情報量が多くなります。時間は限られているので、必要な情報だけを見るようにすることが大事です。

5、勝ちすぎないこと

 

資産運用では勝ちすぎると欲が出てしまい、結局は損をすることになるのです。

そう考えると、成功するためには勝ちすぎないことがポイントになります。

資産運用で気持ちよく勝っていると、もっと利益が上げられると考えてしまいます。

そうなると、リスクの高い投資先に投資することになるのです。そのような投資先はリスクが高いので、大きな損をかかえる可能性があります。

そうならないように、年間の目標を立てて、目標を達成したら安全投資先に変えることも大事です。欲に勝つというのも、資産運用では大事なポイントかもしれません。

6、勝っているときにこそ注意する

 

資産運用では勝ったり負けたりするのが普通です。

そうでなく、たまに勝ち続ける時期があるのです。その時は自分の力で勝っていると、勘違いしないことが大事になります。

たまたま運がいいだけだと考えれば、通常通りに取引できます。

しかし、勝ち続けてしまうと、調子に乗る人も多いです。

そうなってしまうと、普段なら避ける取引に手を出す可能性があります。資産運用の失敗はそのようなほころびから始まります。

そうならないように、勝っているときにこそ注意するというのは、成功するためのポイントです。

7、損をしたら学ぶ機会だと思う

 

損は投資では当たり前のことですので、落ち込まないことが大事です。

それよりもなぜ損が出たかを確認することが重要になります。

理由が分かれば、次の機会には損をしないように避けられるでしょう。

成功するためには、損をしたら学ぶ機会と考えることがポイントです。

損をしなければ、気づかなかったことがあるかもしれません。

そのような点を中心に考えると、損をした理由が分かるでしょう。普段と違うことを突き詰めていくと、損をするポイントにぶつかるかもしれないのです。

8、資産運用に成功して幸せな人生を送るための成功法の総括として

 

資産運用で成功するためには短期取引で一喜一憂しないことは重要です。

長い資産運用では取引ごとに感情を乱していると、生活に支障があるでしょう。

他のポイントとしては、冷静に判断することやバランスのいいポートフォリオを作ることです。

また、情報を精査すること、勝ちすぎないこと、勝っているときには注意することなども、ポイントとしては重要です。

これらに損をしたら学ぶことを含めて、7つのポイントになります。

資産運用で成功するためには、これらのポイントを全て活用することが大事です。さらに、自分独自のポイントを付け加えると、成功へ近づけるでしょう。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧