1億円の運用はプロに任せるのがおすすめなわけ5選

ファンド投資

2018-7-9

1億円の資産があるのであれば、大きなリスクを取らなくても運用によって利益を出すことは難しくないです。

手堅い運用方針であれば、大きな損をすることは少なくなります。

大きな儲けを出すのではなく手堅い儲けを出すのであれば、プロがおすすめです。

ここでは運用をプロに任せるのがおすすめなわけをご紹介していきます。

1、プロの投資ノウハウを活用できる

 

どの道でもそうですが専門で行っている人よりも、素人が結果を出すことは難しいです。

プロには培ってきた経験やノウハウがあるからです。

プロが用いる運用方法を素人が学ぼうと思えば、プロが学んだのと同じ時間がかかるでしょう。

 

それだけの手間や時間を考えると、プロに資産運用をお任せする方がいいという結論になります。

特に1億円の運用であれば、大きく損をするとリカバリーが難しいです。

そのため、できるだけ損をせずに設ける運用方針を取るのがベターになります。一般的にプロにはそれぞれ独自の運用方法があることが多いです。

 

最新の金融工学を駆使する人、企業分析に重きを置く人など色々な運用方法があります。

それらは経験に基づいて儲けを出してきた技の組み合わせからできています。元になるデータが同じでも読み取り方で、運用方法が変わってしまうこともあるのです。

 

その方針を決定するのがプロのノウハウになります。

プロが全て正しいとは限りませんが、培ってきた経験やノウハウは信頼に値します。

運用を任せることがなければ、そのようノウハウを活用することができません。プロの経験やノウハウを活用できることがお任せする強い理由になるでしょう。

2、投資に時間をかけなくてもいい

 

運用を自分で直接する場合には毎日株価をチェックして、株価に影響しそうな情報を集めるのが日課になるでしょう。

特に1億円の運用になれば、細心の注意を払って運用することが大切になります。

そこまでするためには、時間をかなり割くことになるでしょう。

 

しかし、プロに任せてしまえば、そのような努力の必要がありません。

自分の代わりにプロが市場監視や、運用に必要な対応をしてくれるからです。

プロに任せるとなれば、運用にかかわる時間が極端に減るでしょう

 

そのような時間を他のことに使えるというのは大きなメリットです。

仕事などで運用に時間を割けない人はプロに任せることで、運用のしがらみから抜け出すことができます。

また、時間をかけなくても、自分が運用していた以上の利益を期待できます。

運用のプロですから、レベルが高いのは当然です。

 

信用できるプロに任せてしまえば利益を受け取ることだけになるでしょう。

他に時間をかけないようになると、投資のことを忘れていることがあります。

そのようなときは利益が膨らんでいるということが少なくありません。

3、プロだからできる投資先がある

 

個人投資家が投資できる範囲は限られています。

例えば海外投資をしたいのであれば、海外に口座を持って投資をする必要があります。

口座を持つためには現地の言語で書かれた書類を提出するなどのように、一筋縄でないかないことが多いです。

 

それに比べてプロであれば、独自のネットワークを使って海外にも投資することができるでしょう。

特に新興国や発展途上国の企業などへの投資もできる可能性もあります。

個人のレベルでは難しいことをプロならできるのです。

投資先が広いということはそれだけ儲けられる可能性が広がっているということです。

 

国内の一部にだけ投資するよりも、広い範囲の中から選んだ方が利益を出せる確率は高くなるでしょう。

また、個人の投資家ではアクセスができないような投資先にもプロなら投資できることが多いです。

上場されている企業だけが投資の対象ではありませんので、そのような投資をするためにはプロのネットワークを活用することが大切です。

4、情報が集まりやすい

 

プロにお任せするわけとして、重要なポイントに情報の集積があります。

投資をする時には情報は非常に大切なものです。

しかし、個人では情報の質や量に限界があります。

プロなら膨大な量の情報から、質の良い情報だけを取り出して活用することができます。

 

プロは情報をチームで集めているため、情報収集能力が高くなっているのです。また、集められた情報をふるいにかけて、必要な情報だけを抜き出します。

質の高い情報がたくさん集まるというのが、プロが有利な点でしょう。

信用できる情報のみを活用することができるのでプロは勝率が高い投資が可能になります。

 

他に情報収集という点では、各地に耳と目を持っているので、プロの危機察知能力は高くなります。

各地の情報を分析していくと、リスクが存在することを突き止められるときがあるのです。

広範囲にわたって情報収集をしていないと、その結論にはたどり着けないこともあるでしょう。

各地に情報源を持っているということが、危機回避につながります。

 

さて、プロがこのような情報を公表するかというと、そんなことはしません。

むしろ情報があることを隠すかもしれません。

では、どのような情報源を持っているのかを推測するにはどうすればいいのでしょうか。

それには実績から判断することが大事です。

利益を何年も続けて出している実績があれば、優秀な情報源があると推測できるでしょう。

5、リスク分散で安定して利益を出せる

 

プロに1億円の運用を任せるわけとして、リスク分散は大事な要素です。

リスクを回避するために投資先の分散を行うのですが、素人では分散になっていないことがあります。

スク分散は一般的に連動しない投資先に投資します。

 

しかし、同じ国内で同じような株に投資して、リスク分散をしているという人もいます。

本当のリスク分散であれば、地域や国を変える必要があります。

ただし、リスク分散をするときに選ぶ投資先にも、徹底した分析を行うことが条件になります。

素人ではリスク分散する投資先の分だけの分析をすることは難しいでしょう。時間が少なくて、分析をしないで投資してしまう可能性もあります。

 

このような時にプロの分析力が役に立ちます。

分散先として有益な国や企業をピックアップして、その中から選ぶことになるでしょう。

ただ、分散する先に選んだからといって、優良な投資先ではないのでは意味がありません。

優良な投資先で、リスク分散に向いている投資先を見つけるとなると、かなりの時間や情報が必要になるでしょう。

その中から利益を出せる企業を選定するのにも時間がかかります。

 

これらの作業を定期的に見直しながら、選定し続けるのはプロにしかできない作業といえるでしょう。

このようなリスク分散をして利益を出す最善の方策を取ることは、プロにしかできない可能性が高いので、プロにお任せする方がいいのです。

6、1億円の運用をプロの任せるのがおすすめなわけのまとめ

 

運用をプロに任せるわけとして大事なのは、プロなら運用のノウハウを持っているからです。

専門家が持っているノウハウを素人が獲得しようとしても、なかなかできるものではありません。

また、お任せすると時間を運用に割かなくてもよくなります。

時間が貴重だという人はプロに任せる方がいいでしょう。

 

他にはプロだけができる投資先があることと、プロにしか集められない情報があることもお任せするわけになります。

特に情報は集めるに手間や時間がかかります。

集めた情報を精査するのにも時間がかかるため、プロにしか見つけられない情報もあるでしょう。

最後のわけとして、リスク分散して利益を出すことができるのはやはりプロです。

 

分散した投資先も優良なものであることを考えると、投資先をいくつも知っていることが条件になります。

プロなら投資先を精査しているので、いくつも投資先を知っているでしょう。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧