1億円を運用するならヘッジファンドに任せるワケは?

ファンド投資

2018-8-13

ヘッジファンドとはどのようなものかご存知ですか。

もし、1億円などの大きな額がある場合、ヘッジファンドによる資産運用は効率的でしょう。

大きな資金を大幅に増やすことができ、ヘッジファンドマネージャーに任せているので投資家がすることはほとんどありません。

これから、ヘッジファンドの特徴や任せる理由についてご紹介します。

1、1億円がある時は、どのように資産運用をすればいいのか

 

1億円などの大きな額を資産運用する時は、それを資金に大幅に増やしたいか、リスクを回避しながら運用したいかで運用方法は異なります。

運用の利回りは、経済状況などと連動していることも多く、不景気の場合は高い利回りは期待できないでしょう。

 

高い利回りで大きいリターンを求めている時は、ヘッジファンドを活用するのも手段です。

ヘッジファンドは海外に拠点を置いている場合も多いですが、日本の証券会社を通じて購入することもできます。

また、直接ヘッジファンドから購入するのも可能です。

2、ヘッジファンドを理解しよう!

 

ヘッジファンドとは、高額な資金を投資家から集めて、資産運用をする会社のことです。

ヘッジファンドマネージャーと呼ばれる人が運用を担当し、投資家は運用を任せることができます。

投資家の希望に合わせた運用もしますが、基本的にはヘッジファンドマネージャーの分析や見解をもとに、大きな利益を出しそうな商品に投資することが特徴です。

 

ヘッジファンドに資金を預ける投資家は、通常、私募形式になります。必要資金は最低でも100万円で、1000万円や1億円などの資産を持っている人のみ、ヘッジファンドでの申込が可能です。

投資信託などは誰でも購入できる公募形式で、少額からでも購入できるでしょう。

ヘッジファンドは私募形式なので、ファンドの方から投資家へ営業することが一般的です。

多くの資産を持っている時は投資家から申し込むこともできますが、年収や保有資産など厳しい条件を通過した投資家を対象にしています。

 

ヘッジファンドの特徴は、絶対的利益を追求していることです。

どのような状況でも利益を出せるような運用をしています。よって、利益を最優先に追及しているのです。

ヘッジファンドではあらゆる手法を用いて利益を出しているので、他の投資商品が下落した時でも大きなリターンを出すことができます。

 

しかし、マネージャーリスクがあり、資金化までに時間がかかるので、注意が必要です。

マネージャーリスクとは、担当するヘッジファンドマネージャーによって、手法や運用成績が異なることをいいます。

つまり、優秀な人なら約10%~20%の利回り成績を残しますが、期待以下になってしまう場合もあるでしょう。

売買のタイミングを誤り、大きな損失を出す可能性もあります。

資金化までに時間がかかるのはデメリットです。

 

株式や投資信託なら、現金化までの時間が短く、数日以内には資金化できるでしょう。

ヘッジファンドの場合、解約には制約があります。長期的な運用のポートフォリオを立てているので、途中解約を防ぐためにも、解約の約1ヶ月以上前の申告や解約金支払いなどが決められているのです。

3、ヘッジファンドに任せる理由1「しっかりとした体制が整っている」

 

ヘッジファンドに任せる理由の一つが、「しっかりとした体制が整っている」です。

特に、資金管理に対する体制が整っています。

ヘッジファンドでは、投資家から高額の資金を預かっているので、資金管理は重要です。通常は、投資家から預かった資金を自社で管理することはしません。

 

よって、「カストディアン」という管理会社と契約しています。

カストディアンは、有価証券の管理や保管、ファンドに関する議決権や運用成績の書類なども預かっていることが特徴です。

自社で管理をしないので、有価証券や大切な書類などをなくすことはありません。

また、他人に見られることもないので、資金管理だけでなく情報管理もできています。

これは、投資家にとって、安心して任せられる理由です。もし、ヘッジファンドが倒産しても、投資家の資産はカストディアンで守られています。

4、ヘッジファンドに任せる理由2「運用の成績がいい」

 

ヘッジファンドは「運用の成績がいい」ことが特徴です。

ヘッジファンドでは、絶対的利益の追求を目標に資産運用をしています。

つまり、損失を出しにくい優秀な商品を厳選し、それを購入して運用しているのです。

アナリストによる分析や経験豊富なヘッジファンドマネージャーによって、高い利回りが期待できる商品を見極めています。

 

ヘッジファンドを運営していくためには、投資家から集めた手数料と運用報酬が重要です。

その2つが、おおまかなヘッジファンドの収入源になっています。

つまり、運用を成功させないと、会社自体を運営していくことができないでしょう。

 

手数料は、投資家から預かった資金残高の約2%です。

よって、得られた利益をさらに投資してもらえれば、預かっている資金残高が高くなり、多くの手数料が入ってきます。運用報酬は成功した時の報酬のことで、目標額よりも上回る時に支払い義務が出てきます。

投資家は手数料を必ず支払いますが、報酬に関しては成功した時のみです。

目標額よりも上回った約20%を支払うので、報酬を支払ったことで投資家が損をすることはありません。

 

この成功報酬を高くするためにも、ヘッジファンドは成功率が高い商品を運用し、絶対的利益を追求しています。

投資家にとっては、運用成績がいいことは任せられる理由になるでしょう。

高額の資産を預けても、それをさらに増やしてくれる可能性が高いです。ヘッジファンドによっても異なりますが、通常は約15%~20%のリターンが期待できます。

5、ヘッジファンドに任せる理由3「運用の手法が優れている」

 

「運用の方法が優れている」も、任せられる理由になります。

ヘッジファンドでは、優秀なヘッジファンドマネージャーによって、運用がされています。

ヘッジファンドマネージャーは、ヘッドハンティングなどで採用された人が多く、経験や実績がある人です。

ヘッジファンドマネージャーは、基本的に独自の見解で運用を進めていきますが、アナリストや他のヘッジファンドマネージャーと情報交換や共有をすることで、失敗しにくい運用を実践しています。

 

ヘッジファンドの手法は「ロングショート」「グローバルマクロ」「マネージドフューチャーズ」です。「ロングショート」とは、売ることでも利益を出すことをいいます。

買いを示すロングと売りを示すショートの組み合わせにすることで、リスクを回避するのがロングショートです。

売りと買いの両方のポジションを取っていれば、損失が出た時でも最小限にできるでしょう。

また、全体の相場が下がりそうな時は、空売りすることで収益を出す方法も行います。

 

空売りとは、証券会社から借りている株を売り、その後買う行為です。

空売りして株価を下げ、他の投資家が株を売るまで待ちます。下がりきった時に買い戻し、その差額で利益を得る方法です。

「グローバルマクロ」では、マクロ経済の分析をして、金融市場の歪みを見つけます。

 

特定の商品に投資するのではなく、さまざまな商品に投資することで、リスクを回避する方法です。

「マネージドフューチャーズ」は、先物取引などで利益を得る方法をいいます。

先物取引の対象は、株式や債券・原油・穀物などさまざまです。トレンドなどを把握し、上場している先物に投資します。

6、ヘッジファンドに任せれば、大きな利益が期待できる!

 

ヘッジファンドは絶対的利益を追求して資産運用をしているので、大きなリターンを期待したい時には有効な方法です。

預けた資金や情報の管理体制が整い、運用成績がいいことは任せられる理由になるでしょう。

また、優秀なヘッジファンドマネージャーによって運用されるので、素人にはできないような優れた手法で利益を出してくれます

よって、ヘッジファンドに任せれば、大きな利益が期待できるでしょう。これを参考に、1億円などの大金を資産運用する時には、ヘッジファンドを検討してみてください。

 

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧