国内ヘッジファンドの特徴と海外ヘッジファンドと比較してみましょう

ファンド投資

2018-10-12

近年、不況により銀行の金利は低金利の状態が続いています。銀行に預けていても貯蓄は増えず、将来お金の価値が下がるかもしれない状況の中、銀行に預金をしているだけでは安心とはいえない時代です。

そんな中、富裕層のみならず、一般の方も資産運用として投資を始めています。

 

資産運用といってもその投資方法は数多くあります。保険やFX、投資信託などは投資初心者の方にも広く知られていますが、「ヘッジファンド」も最近では注目されてきています。

 

ヘッジファンドは一般の投資信託などよりも高いリターンを期待できることから、まとまったお金を投資に回せる方におすすめです。そこでここでは、ヘッジファンドとは何かを説明しながら、国内外のヘッジファンドの比較をしていきます。

1、ヘッジファンドとは何か

 

ヘッジファンドとは、世界中の資産家から資金を集め、それをさまざまな方法で分散して利益を求める独立系の資産運用会社のことです。

ヘッジファンドには外資系投資銀行で経験を積んだプロが集まっているので、投資初心者の方でも、金融のプロに資産運用を任せることができます。

利益のためには何でもやるというスタンスに対する評価はさまざまですが、利益を追求するファンドのため、効率良く資産を増やしたい方に、ヘッジファンドはオススメです

2、投資信託との違い

 

「ヘッジファンドと投資信託は同じもの?」と思われている方もいるかもしれませんが、この2つは別物です。

「ヘッジファンド」は、投資家から資金を集め、その資金を運用して利益を追求する運用会社のことです。

 

一方「投資信託」は、投資家が資産運用する際に購入する商品のことです。つまり、運用会社に資金を預ける際に購入するのが投資信託という商品で、その運用会社の中の1つが、ヘッジファンドなのです。

そのほかにも、収益の目標や、投資家の募集方法、手数料など異なる点がいくつかあります。

(1)収益目的

収益目標の違いとしては、ヘッジファンドが「絶対利益」を目標としているのに対し、投資信託は「相対利益」を目標としています。絶対利益というのは、「どんな状況でも、プラスのリターンを最優先に求める」ことです。

 

景気の良し悪しに関わらず、利益の追求をします。

一方、相対利益は、「ある指標をベンチマークとして設定し、その成績を上回る」ことです。指標とした市場平均よりも相対的に良い結果になることを目指すため、ベンチマークを上回る上昇を、ベンチマークを下回る下落を目標とします。

 

投資信託が年率数%の利益なのに対し、ヘッジファンドは年率10~20%の利益を出していることから、この結果だけをみると、高いリターンを求める投資家にとってはヘッジファンドの方が期待できるでしょう。

(2)募集方法

次に、投資家の募集方法の違いです。募集方法には、「公募」と「私募」があります。

公募は投資信託、私募はヘッジファンドの募集方法です。

公募とは、不特定多数の投資家から資金を集めることです。

最低資金は1万円からと少額ですが、投資制限は厳しく設定されています。

 

一方、私募とは、富裕層やプロの投資家など、少数の投資家から資金を集める方法です。

そのため、最低資金も公募より高く数百万円からですが、その分投資制限は緩く設定されています。

ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンの運用方法と言えるでしょう。

(3)手数料

最後に、手数料の違いです。ヘッジファンドの手数料は「残高手数料」「成功報酬手数料」なのに対し、投資信託は「販売手数料」「信託報酬手数料」などの手数料がかかります。

 

残高手数料とは、投資家から集めた資金の合計額の何%かを手数料として払うことです。

成功報酬手数料とは、運用成績が目標値を上回ったときのみ徴収される手数料のことです。

 

つまり、運用成績がマイナスの場合は、手数料はかからないということです。

一方、販売手数料とは、投資信託を購入する際にかかる手数料のことで、信託報酬手数料とは、投資信託を持っている間は年に1度徴収される手数料のことです。

投資信託の場合、運用成績に関わらず手数料がかかるのです。

3、国内ヘッジファンドの特徴

 

ヘッジファンドというと、国内よりも海外のイメージが強く、実際に海外と比較すると国内のヘッジファンドはまだまだ少ないです。

しかし、最近では日本のヘッジファンドに投資する投資家も増えてきており、今後国内でも一般的になっていくと見込まれています。

 

国内ヘッジファンドの特徴としては、「安定的な高い利回り」と「購入のしやすさ」が挙げられます。

海外と比較すると国内のヘッジファンドはパフォーマンスが悪いと思われがちですが、実際には海外ヘッジファンドよりも実績を出している国内ヘッジファンドも存在します。

年利平均25%を安定して出し続けているヘッジファンドや、設立以来一度も減益を出したことのないヘッジファンドなど、国内でも優秀なヘッジファンドを選べば、安心して資産運用を任せることができます。

 

購入のしやすさとは、国内ヘッジファンドは当たり前ではありますが、説明から契約、アフターサポートに至るまで、その全てを日本語で行えるということです。

英語に不安がある方でも、国内なら直接ヘッジファンドから説明を受けられるので、安心して運用先を選べます。ヘッジファンドの購入は、海外よりも国内の方がハードルは低いです。

4、海外ヘッジファンドの特徴

 

そもそも、なぜヘッジファンドは海外に拠点を置くのか?その理由の1つは、税金対策です。

海外には、「タックス・ヘイブン」呼ばれ、税金が優遇される地域が存在します。

ヘッジファンドは、できるだけ税金のコストを削減したいため、国内ではなく、このタックス・ヘイブンに拠点を置くのです。

 

国内ヘッジファンドも注目されてきてはいますが、現状ではまだ海外ヘッジファンドの方が主流です。

海外ヘッジファンドの購入方法は、ヘッジファンドへの直接投資や、投資助言会社を通じて購入する方法、さまざまな海外のヘッジファンドを組み込んだ投資信託を購入する方法などがあります。

 

余分なコストがかからず、高い利回りを期待する方は、直接投資が最善の方法ですが、最低資金が高いというデメリットもあります。

投資信託はプロによって厳選されたヘッジファンドに投資するので安心感はありますが、その分証券会社に支払う仲介手数料が発生するため、コストがかかります。

海外ヘッジファンドを購入する際は、何を一番に優先するかを考えたうえで、自分に合った購入方法を選ぶとよいでしょう。

5、ヘッジファンドを選ぶ際の注意点

 

インターネットで「ヘッジファンド」と検索すると、さまざまなサイトが出てきますが、初めて投資をされる方は、怪しい情報にまどわされないように注意が必要です。

 

ヘッジファンドは最低資金が高いのが特徴ですが、中には割と低めに設定されているヘッジファンドも存在します。最近では富裕層の方だけでなく、一般の方でもヘッジファンドを選ぶ方は増えてきていますが、最低資金が低すぎるものは注意が必要です。

ヘッジファンド購入の際には、信頼できる情報源で過去実績を確認し、過去10年間の実績が年利10%以上のものを目安として選ぶことをおすすめします。

 

6、目標を明確にして、最適なヘッジファンドを選ぼう

 

投資を成功させるために大事なことは、投資をする理由や目標を明確にして、それを達成するために最適な方法を選ぶことです。「できるだけお金を増やしたい」というようなあいまいな目標では、なかなか成功にはたどりつけません。

 

また、「お金が余っているからなんとなく投資してみる」といったような考えも危険です。

投資を成功させるには、「何年後に何万円になっているように投資する」というような具体的な目標を設定し、ゴールに向けた運用方法の道筋をきちんと立てることが大事です。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧