どうやって優秀なヘッジファンドを探せばよいのか?重要ポイント4つ

ファンド投資

2018-11-13

ヘッジファンドで資産運用をする時には、高額を預けるため信頼関係を築く必要があります。

実際にヘッジファンドを扱っているところは多く、どのヘッジファンドに任せるか悩むこともあるでしょう。

ヘッジファンドの会社自体だけでなく、ヘッジファンドマネージャーを信頼しないと投資はできません。

まずは、ヘッジファンドに問い合わせをして、選定をすることからです。

また、ヘッジファンドマネージャーと面談を行い、様々なことを知っておく必要があります。これから、ヘッジファンドを選ぶ時のポイントとして「戦略」「レバレッジ」「ロックアップ期間」「ヘッジファンドマネージャーの経歴」についてご説明しますので、参考にしてみてください。

 

ヘッジファンドで資産運用をする時には、信頼できる相手か見極める必要があります。

何故なら、高額な資金を運用するため、詐欺のようなヘッジファンドで投資すると大きな損失を出す可能性があるからです。

なるべく、成果を出してくれるヘッジファンドを見つければ、大きな利益に繋がります。ヘッジファンドを選ぶ時には、知り合いの紹介を受けるといいでしょう。

知り合いが利用している場合は、ヘッジファンドに問い合わせをする前に、運用成績や雰囲気などを聞くことができます。

紹介ならヘッジファンドと投資家が安心して取引でき、信頼関係を築きやすいでしょう。

 

ヘッジファンドについて詳しい資産家や金融関係者から情報を集めると、自分に合うところを見つけられます。

自分で問い合わせをして、面談などを受けることも可能です。

その場合、1社だけに絞らず数社のヘッジファンドを検討するのがいいでしょう。

それぞれのヘッジファンドでは戦略や在籍しているヘッジファンドマネージャーの経歴が異なります。

それによって、成果も大きく違うので、数社を比較することが大切です。

 

インターネットで検索をすると、ヘッジファンドで運用している人の個人ブログなどを見つけることができます。

そのような第三者の意見を参考に、決めるのも一つの手段です。高額を預けることになるため、じっくりと選定するようにしましょう。

 

ヘッジファンドに問い合わせをする時は、ホームページの問い合わせから質問します。

ヘッジファンドは海外で展開していることが多いので、基本的には英語などで質問することになるでしょう。

実際に交渉や面談をする時も、英語で会話をすることになります。

まずは資料請求だけでも構いません。

しかし、直接行って説明を聞くことで、納得できる投資をすることができます。

 

また、ヘッジファンド側でも、取引する相手を選んでいるということも知っておきましょう。

富裕層などにはヘッジファンドから勧誘をしています。

そのような富裕層からの紹介なら、快く引き受けてくれるかもしれません。

しかし、1000万円もしくは1億円単位での運用になるため、投資家のことを調べています。

直接会って話をしないと、取引できないというヘッジファンドもあるでしょう。ファンド側が投資家を選定するためにも、直接会うことが必要です。

1、ヘッジファンドを決めるポイント1「戦略」

 

ヘッジファンドの選び方として、投資戦略を確認しておくことは大切です。

ヘッジファンドは絶対的な利益を出すために、多くの手法を用いて運用をします。

その戦略は、リスクが高いものもあるでしょう。実際に行っている戦略を聞き、どのぐらいのリスクがあるのかを確認するのも必要です。

 

ヘッジファンドの手法には、「株式ロングショート」「グローバル・マクロ」「マネージドフューチャーズ」などがあります。株式ロングショートでは保有していない株式を借りてから「空売り」をし、株の価格が変わってから買う手法です。

空売りによって株価が下がるので、下がった時点で買い戻します。

その差で利益を得ることが可能です。

グローバル・マクロは市場の歪みを活用し、様々なものを購入することでリスクヘッジをしています。

マネージドフューチャーズは先物取引です。トレンドを見極め、金融商品だけでなく油や穀物なども購入している方法です。

2、ヘッジファンドを決めるポイント2「レバレッジ」

 

 

ヘッジファンドでは、レバレッジをかけて運用することがあります。

レバレッジとは、自己資金よりも大きな額を運用するために、他者の資金も活用することです。

例えば、銀行から借入をして、自己資金以上を運用すれば大きな利益に繋がることがあります。

得た利益から借入した金額は返しますが、元金が大きかったため高いリターンを獲得する方法です。

 

しかし、この方法はハイリターンであると共に、ハイリスクになってしまいます。

過度にレバレッジをかけるヘッジファンドでは、リスクも高くなってしまうので注意しましょう。

なるべくリスクを減らしたい時は、過度なレバレッジをかけるところは避けた方がいいかもしれません。

3、ヘッジファンドを決めるポイント3「ロックアップ期間」

 

ヘッジファンドでは、ロックアップ期間が設定されています。

ロックアップ期間とは、運用を開始してから解約できるまでの期間です。

ヘッジファンドでは、一度資産を預けると、数ヶ月~1年間などの期間でロックされてしまいます。

 

つまり、その間は解約をすることができません。

もし、中途解約などを希望する時は、1ヶ月以上前には申告をして解約金も支払うことになります。

突然、現金が必要になった時などは、困ってしまうでしょう。

よって、ロックアップ期間がどのぐらいなのかを確認することは大切です。

もし、ヘッジファンドに不安を持っている場合は、数ヶ月で解約できるような会社を見つけましょう。

ロックアップ期間が3ヶ月の場合、比較的短いといえます。自分の資産や状況を考えてから、ヘッジファンドを決めることが重要です。多くのヘッジファンドでは、年に1度の決済をするため、契約期間を1年間にしています。

4、ヘッジファンドを決めるポイント4「ヘッジファンドマネージャーの経歴」

 

ヘッジファンドの選び方として、ヘッジファンドマネージャーの経歴を知っておくことは重要です。

実際の運用はヘッジファンドマネージャーが行います。

社内には銘柄の分析やタイミングを見極めるアナリストも存在しますが、売買のタイミングや戦略を決めるのはヘッジファンドマネージャーです。

 

高額の資産を預けて運用するので、戦略やタイミングを誤ると大きな損失になるでしょう。

つまり、マネージャーリスクがあるので、信頼できるヘッジファンドマネージャーを選ぶ必要があるのです。

まずは、どのような人かを知り、経歴やスキルを確認するといいでしょう。

多くのヘッジファンドマネージャーはヘッドハンティングをされているので、昔の職場や実績まで聞いても構いません。

また、その会社での実績も参考にできます。他で実績を出していても、その会社で成績を出していないと意味がありません。

 

実際に出している利回り率などを確認することが大切です。

優秀なヘッジファンドマネージャーだと、約20%以上の利回りを出しています。

平均的には10%~20%がヘッジファンドで期待できる利回りです。今までの成績がその数値を上回っていると、優秀なヘッジファンドマネージャーの可能性が高いでしょう。

5、納得できるまで相談して、運用を任せるヘッジファンドを決めよう!

 

ヘッジファンドを選定する時は、よく調べてから直接面談をして決めることが大切です。

知り合いからの紹介だと安心ですが、自分で確認して信頼できるか確認しましょう。

面談では、戦略やレバレッジ・ロックアップ期間・ファンドマネージャーの経歴を把握することも重要です。

それらを確認しないで任せてしまうと、失敗してしまう可能性もあります。

ヘッジファンドは絶対的利益の追求をしていますが、マネージャーリスクなどが存在することも知っておかないといけないのです。

これを参考に、信頼できるヘッジファンドを見つけてみましょう。

investor X 編集部

将来を豊かに過ごすために、自己資金の資産運用が必ず必要になります。
そこで、今有望な投資先として注目のヘッジファンドやアクティビストファンドについてもわかりやすく、みなさんの疑問にお答えしていきます。
あなたにピッタリの投資方法探しのお手伝いができましたら幸いです。

関連記事一覧