InvestorX selection

資産運用おすすめ
投資先ランキング

資産運用とは
自身の持つ資産を貯蓄・投資し
効率的に資産を増やしていくこと

資産運用の目的は、”資産を守ること”と”資産を増やすこと”にあります。”資産を守る”というのは、資産の実質的な価値をインフレなどの社会経済影響から守り、確実に貯めること。そして、”資産を増やす”というのは、リスクを取り資産を効率的に増やし、資産全体を拡大していくことです。つまり、資産運用とは、「貯蓄」と「投資」の2つの方法で、将来に向けて資産づくりを行うことができるのです。資産運用では、資産運用先や運用方法におけるポイントを把握し、自身の目的に合わせて効率的な資産づくりをすることが大切です。

  • 貯蓄

    ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイント

  • 投資

    ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイント

資産運用するなら 投資会社に出資すべき
3つの理由

資産投資会社とは、一般の投資家から資金を預かり、
投資のプロが運用して利益を出し、投資家に還元することを目的とする会社です。

  • 絶対利益
    の追求

    「投資」は、効率よく自身の資産を増やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクも伴います。支払ったものがそれ以上に増えて戻ってくることを期待して行うのが投資です。

  • リスクを
    ヘッジ

    「投資」は、効率よく自身の資産を増やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクも伴います。支払ったものがそれ以上に増えて戻ってくることを期待して行うのが投資です。

  • 基本的に
    私募

    「投資」は、効率よく自身の資産を増やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクも伴います。支払ったものがそれ以上に増えて戻ってくることを期待して行うのが投資です。

投資会社の選び方

かつてのように、投資会社に資金を預けることができるのは富裕層だけという時代ではありません。普通のサラリーマンや自営業者でも可能です。では。どのように選べばいいかご紹介します。

紹介してもらう
私募の形をとる投資会社は、以前より人に投資家を紹介してもらうことで資金調達することを想定しています。知り合いに投資家がいれば紹介が一番簡単です。
ホームページを見る
私募の形をとる投資会社は、以前より人に投資家を紹介してもらうことで資金調達することを想定しています。知り合いに投資家がいれば紹介が一番簡単です。
仲介業者を見つける
私募の形をとる投資会社は、以前より人に投資家を紹介してもらうことで資金調達することを想定しています。知り合いに投資家がいれば紹介が一番簡単です。
ここもCHECK
  • 理念に共感できる

    「投資」は、効率よく自身の資産を増やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクも伴います。支払ったものがそれ以上に増えて戻ってくることを期待して行うのが投資です。

  • パフォーマンスがいい

    「投資」は、効率よく自身の資産を増やすことが目的なので、ある程度のリスクを取りながら、今ある資産を運用し、拡大していくことがポイントです。運用の成果は予測できないので、元本は変動し、元本割れのリスクも伴います。支払ったものがそれ以上に増えて戻ってくることを期待して行うのが投資です。

おすすめ投資先ランキング

証券会社のWebページや金融雑誌をチェックすると、ファンドの「純資産総額」「販売金額」ランキングを見かけることがあります。これらを見てファンドや投資商品を購入するのもいいですが、こちらでは私たちの目線で選ばれた投資先ランキングをお届けします。

合同会社M&S

M&Sは、日本株をメインとして割安株投資を行う独立系の投資会社です。投資先企業の手がける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の起業家位置に大きな開きがある場合、「市場の乖離」が生じていると割安株であると捉えて投資する手法がとられます。中長期的スタンスで投資が行われ、運用成果の目標とするベンチマークなどは設定されていません。M&Sでは市場の乖離がなくなるのを待つだけでなく、アクティビスト(もの言う株主)として、議決権を行使して企業に積極的な働きかけを行い、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上と株主利益の最大化が図られます。設立された2016年行こう、毎四半期必ずプラスの投資成績を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年の年間利回りは27.06%といずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回っていることがわかります。投資成績からもわかるように財務状況の分析力による投資手法はリスクヘッジの観点からプロ集団と言われる所以です。

  • TOTAL SCORE
    93

    運用成績
    預り資産
    投資手法
    運用年数
    話題性
    20
    17
    20
    16
    20

POINT

  • AsiaHeadge Awards2017の「New Fund of the Year」に日本勢唯一のノミネート
  • 村上ファンド以来の国内に籍を置く唯一のアクティビスト
  • 個人投資家が投資可能

合同会社M&S

M&Sは、日本株をメインとして割安株投資を行う独立系の投資会社です。投資先企業の手がける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の起業家位置に大きな開きがある場合、「市場の乖離」が生じていると割安株であると捉えて投資する手法がとられます。中長期的スタンスで投資が行われ、運用成果の目標とするベンチマークなどは設定されていません。M&Sでは市場の乖離がなくなるのを待つだけでなく、アクティビスト(もの言う株主)として、議決権を行使して企業に積極的な働きかけを行い、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上と株主利益の最大化が図られます。設立された2016年行こう、毎四半期必ずプラスの投資成績を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年の年間利回りは27.06%といずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回っていることがわかります。投資成績からもわかるように財務状況の分析力による投資手法はリスクヘッジの観点からプロ集団と言われる所以です。

  • TOTAL SCORE
    93

    運用成績
    預り資産
    投資手法
    運用年数
    話題性
    20
    17
    20
    16
    20

POINT

  • AsiaHeadge Awards2017の「New Fund of the Year」に日本勢唯一のノミネート
  • 村上ファンド以来の国内に籍を置く唯一のアクティビスト
  • 個人投資家が投資可能

合同会社M&S

M&Sは、日本株をメインとして割安株投資を行う独立系の投資会社です。投資先企業の手がける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の起業家位置に大きな開きがある場合、「市場の乖離」が生じていると割安株であると捉えて投資する手法がとられます。中長期的スタンスで投資が行われ、運用成果の目標とするベンチマークなどは設定されていません。M&Sでは市場の乖離がなくなるのを待つだけでなく、アクティビスト(もの言う株主)として、議決権を行使して企業に積極的な働きかけを行い、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上と株主利益の最大化が図られます。設立された2016年行こう、毎四半期必ずプラスの投資成績を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年の年間利回りは27.06%といずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回っていることがわかります。投資成績からもわかるように財務状況の分析力による投資手法はリスクヘッジの観点からプロ集団と言われる所以です。

  • TOTAL SCORE
    93

    運用成績
    預り資産
    投資手法
    運用年数
    話題性
    20
    17
    20
    16
    20

POINT

  • AsiaHeadge Awards2017の「New Fund of the Year」に日本勢唯一のノミネート
  • 村上ファンド以来の国内に籍を置く唯一のアクティビスト
  • 個人投資家が投資可能

合同会社M&S

M&Sは、日本株をメインとして割安株投資を行う独立系の投資会社です。投資先企業の手がける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の起業家位置に大きな開きがある場合、「市場の乖離」が生じていると割安株であると捉えて投資する手法がとられます。中長期的スタンスで投資が行われ、運用成果の目標とするベンチマークなどは設定されていません。M&Sでは市場の乖離がなくなるのを待つだけでなく、アクティビスト(もの言う株主)として、議決権を行使して企業に積極的な働きかけを行い、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上と株主利益の最大化が図られます。設立された2016年行こう、毎四半期必ずプラスの投資成績を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年の年間利回りは27.06%といずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回っていることがわかります。投資成績からもわかるように財務状況の分析力による投資手法はリスクヘッジの観点からプロ集団と言われる所以です。

  • TOTAL SCORE
    93

    運用成績
    預り資産
    投資手法
    運用年数
    話題性
    20
    17
    20
    16
    20

POINT

  • AsiaHeadge Awards2017の「New Fund of the Year」に日本勢唯一のノミネート
  • 村上ファンド以来の国内に籍を置く唯一のアクティビスト
  • 個人投資家が投資可能

合同会社M&S

M&Sは、日本株をメインとして割安株投資を行う独立系の投資会社です。投資先企業の手がける事業の優位性や将来性、保有資産を徹底的に分析し、企業本来の価値と現在の起業家位置に大きな開きがある場合、「市場の乖離」が生じていると割安株であると捉えて投資する手法がとられます。中長期的スタンスで投資が行われ、運用成果の目標とするベンチマークなどは設定されていません。M&Sでは市場の乖離がなくなるのを待つだけでなく、アクティビスト(もの言う株主)として、議決権を行使して企業に積極的な働きかけを行い、本来の理論価値に近づけることで企業価値の向上と株主利益の最大化が図られます。設立された2016年行こう、毎四半期必ずプラスの投資成績を出しており、2016年の年間利回りは45.26%、2017年の年間利回りは27.06%といずれも日経平均・NYダウといった主要指標のパフォーマンスを大きく上回っていることがわかります。投資成績からもわかるように財務状況の分析力による投資手法はリスクヘッジの観点からプロ集団と言われる所以です。

  • TOTAL SCORE
    93

    運用成績
    預り資産
    投資手法
    運用年数
    話題性
    20
    17
    20
    16
    20

POINT

  • AsiaHeadge Awards2017の「New Fund of the Year」に日本勢唯一のノミネート
  • 村上ファンド以来の国内に籍を置く唯一のアクティビスト
  • 個人投資家が投資可能